人によろこばれ、しかもそれがお金になる…そんな素晴らしい仕事、それが整体師です

手に職をつけるということ

バブルが崩壊し、その後、なんとか持ち直してきたかに思えた日本経済ですが、アメリカ発の経済危機いわゆる “リーマンショック”によって打撃を受け、それに続く東日本大震災によって、さらなるダメージを受けました。

このような社会情勢の中、年功序列や終身雇用といった日本の誇るべき雇用制度が崩れ、今や国民ひとりひとりが 独立自営せざるをえない状況になっています。

企業に残っていたとしても、激しい残業やいつくるか分からないリストラにおびえることにもなりかねません。

ということは、これは見ようによっては、チャンスなのかもしれないのです。
いつまでも不自由な企業に縛り付けられていないで、自由に事業をおこしないさい、ということなのかもしれないのです。

昔から「ピンチはチャンス」という言葉があります。
これは見方によっては、ピンチと思われることも1つの転換期としてのよい機会という意味です。

ですから、もし、あなたがピンチをチャンスに変えたいと望んでいるのならば、「整体」という分野は とても理想的なものといえるでしょう。

まず、手に職をとつけるということは、これは非常に有利なことです。

整体などは極端な話、ベッドが1つあれば、どこでもできる事業です。
しかも、時給は5000円です。
また、やり方によってはベッドすらいらないのですから!

手に職をつけ、特別な場所もいらないということになれば、初めは副業から始めてもよいのです。
週末の4時間、それだけで2万円なのですから!
今どき、こんな割のよいバイトはありません。

それはもちろん、「整体」という確かな技術が身についているからこその、時給の高さなのです。

整体の開業は簡単


  ピックアップ ☆ トピックス