人によろこばれ、しかもそれがお金になる…そんな素晴らしい仕事、それが整体師です

オステオパシー

オステオパシー (Osteopathy)とは1874年にアメリカミズーリ州のカークスビル在住の医師アンドリュー・ テイラー・スティル (Andrew Taylor Still)によって創始された。

オステオパシーはギリシア語のOsteon(骨)とPathos(病理、治療)の2つを語源とし、 日本では整骨療法と呼ばれていたこともあるが、骨のみを調整する手技とは異なり、 骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系など、 解剖学的あるいは生理学的な広範囲の医学知識の元に、手を使って治療を加える。
現在ではオステオパシーとそのままで呼ぶ。
しかし、単なる療法ではなく、オステオパシーとは、
そのままでひとつの哲学であり、
1. 身体全体をひとつのユニットとして考える
2. 身体の機能と構造は一体のものであると考える
3. 自然治癒力を鼓舞することを主眼とするなど、独特の医学体系を持つ。

オステオパシーとは、療法を指す用語ではない。
たとえば、東洋医学の中に鍼療法があるように、オステオパシー医学という医療哲学のひとつの体系のことである。
従って、その意味では、オステオパシー「療法」というのは正しくない。

ウィキペディアより



オステオパシーの主な目的は、「自然治癒力」を呼び覚ましたり、高めたりすることで得られる治癒効果です。
ですから、この手技の療法が、「オステオパシー」という類のものではなく、療法の考え方が「オステオパシー」という ことになります。

この自然治癒力や自己免疫力の強化を促すことは、整体やカイロププラクティックなどの手技療法の根幹ともいえる 理論ですので、1度はくらいは勉強しておいた方がよいですね。

オステオパシーについて、もっと知りたいという人におすすめです↓


ホーム > 整体事典 > オステオパシー

  ピックアップ ☆ トピックス